高尾山 セリバオウレン 福寿草

5がつの連休ほども暖かい日 高尾山 野草園では春を告げる花が咲き誇ってます バイカオウレンに続いて セリバオウレンが見頃です 小さな儚げな花です 儚げな花ばかりでなく 華やかな花も見頃です 斜面には鮮やかな福寿草がいっぱいです もう 季節はひな祭り前…

川和町 道祖神 庚申塔

川和町の庚申塔と道祖神めぐり 川和町1430辺りの双体の道祖神です 寛政12年1800年 祠の中で大事に祀られています 近くの神社の二十三夜塔と明記された石塔があります もうちょっと行くと川和宿に庚申塔(28番)と道神祠の文字塔があります 庚申塔と 文字塔 …

川和駅 菜の花がいっぱい

川和駅そば役所通り沿いでは 菜の花がいっぱい 青空に浮かぶ白い雲 随分低く漂い 後の丘にぶつかりそう

川和富士

川和富士公園の川和富士は本来の場所から移設されてから46年とまだ新しい富士塚です 登山口は3箇所あります 春には芝桜の咲く東側からの登山口 南側には小さな山があります 頂上からは丹沢の向こうに富士山 右手を見ると南アルプスの間ノ岳、北岳も 西側から…

茅ヶ崎公園のサクラ 見頃

茅ヶ崎公園 プール横のカワヅザクラが見頃です 強い風に負けず

高尾山野草園 梅花黄蓮 節分草

高尾山野草園では 雪にも負けず バイカオウレンやセツブンソウの花が増えてます スクッと立ち上がる 五弁の白い花 セツブンソウも群落が出きてきました ちょっと地味かも 可憐な花々を見た後で 切り株にゆくと チョコレート屋さんが開店してました 店番は ピ…

裏高尾 梅郷の梅はこれから

暖かくなる予報の今日 裏高尾の梅郷を訪ねました 最初に駒木野庭園 日差しを浴びてポカポカ ポカポカ 園内の梅が開花 ピンクに開花 盆栽の梅も開花 白く開花 蕾は ポン ポン 開花 静寂の庭園 遊歩道梅林の川岸に戻ると 咲いてる梅の木もありましたが 大半は…

北山田 東山田 南山田の庚申塔

南山田の斉徳山不動堂 お堂の右横に庚申塔(50番)左に歳の神(セイノカミ)の石塔 青面金剛像:文政6年(1823年)造立 左側に石塔 北山田の長泉寺 色々と石塔が祀られてます 庚申塔(48番)ほか3体の石塔があります 青面金剛像:元禄4年(1691年)造立 三猿…

カワヅザクラ 茅ヶ崎公園

茅ヶ崎公園のカワヅザクラが少しずつ開花 暖かくなる来週にも見頃か

残雪 カワヅザクラ

葛が谷公園 一昨日の雪がまだ原っぱ一面に 上を見ると 枯れ枝に雲がまとい付き 雪を被ったよう 茅ヶ崎公園では雪に負けず カワヅザクラが少しずつ開花 花心が濃いピンクの花を咲かせています

大雪警報

いきなりだけど 大雪警報 昼過ぎから降り出した雪は ベチャベチャ雪 降っては溶け 積もっては溶けして 道もベチャベチャ 歩く人もいない 線路は雪化粧 天狗の面も雪化粧 特急電車も雪化粧 快速電車も雪化粧 いきなりの大雪警報で 電車の遅延 運行停止 道路の…

都筑の森 春は

梅や蝋梅の花があるものの 冬の最中の 淋しげな八幡山には 枯れ草に立つ4本の石柱 渋沢谷は菜の花や 梅花に囲まれ 積もり積もった枯葉の山に 何を探すか小綬鶏の群 春はまだ

高尾山 バイカオウレン セツブンソウ

寒い寒い寒い あれ シモバシラがない ずーっと見まわしても シモバシラがない 寒い?寒い?寒い? 雪もない 氷もない ずーっと見まわしても シモバシラがない もう 寒くない? もう 寒くない? もう 寒くない? 鳥たちの騒めき 風の音 木々の芽吹き 降り注ぐ…

都筑 梅が満開 桜も開花

暖冬の今シーズン 山田富士公園の梅林は満開 紅梅も白梅も満開 遊歩道歩いて行くと道端にはまだツワブキが残ってます 徳生公園 山崎公園 から八幡山に行くと 梅が満開 蝋梅も咲いてます 桜はさすがにまだです 都筑中央公園を過ぎ 茅ヶ崎公園に行くと 何年か…

佐江戸町 庚申塔

地蔵尊前の交差点 ちょっと登った見渡しの良いところの祠に3体の石像と石碑 地蔵菩薩と三猿の上に庚申塔(24番)が祀られてます 青面金剛像:延宝8年(1680年)造立 祠の横には地神塔が祀られてます 無量寺は 中原街道をそのまま上ってゆくと左手にあります …

東方町 庚申塔 道祖神

東方町は昔の面影を残す所です 龍雲寺 入り口に祠 右側の堅牢地神の石塔があります 仏塔:元禄年間(1688年〜1704年)造立 近くの道端に石像が 山門下の庚申塔(40番) 左右に両側に石仏 菩提樹左側の祠(41番) 左隣にお地蔵様 東方天満宮の庚申塔(38番) …

シモバシラ 高尾山

雪のあとの寒い1日 シモバシラを期待し 稲荷山コースへ 旭神社にお詣り 稲荷山コースから高尾山を過ぎて もみじ台の北斜面に行くと そこら中シモバシラだらけ 登山道の下まで広い範囲でシモバシラ見られました 満足して 階段を登って戻ります 階段の途中から…

池辺町 庚申塔 地蔵菩薩 道祖神

鶴見川左岸の鴨池橋近くの堤防下の地蔵堂内に庚申塔(12番)があります 左側 地蔵菩薩:元禄3年(1690年) 右側 青面金剛像:天保2年(1831年)造立 少し下流に行ったところにも地蔵堂があります.主尊は地蔵菩薩です(13番), 右側 地蔵菩薩:江戸時代造立…

山田富士 山田富士公園の梅

山田富士は文政年間(1818-30年)には新編武蔵風土記稿に太子堂山と記されてる200年の歴史を持つ富士塚です 高さは10丈と記されてます 今、山田富士は山田富士公園の西の隅にひっそりと佇んでいます 公園からその姿は見渡せません 登山道は 南側と北側とからあ…

池辺の富士塚

都筑には富士塚が3箇所残ってます 川和富士公園の川和富士(再建,海抜86m)や山田富士公園の山田富士は遊歩道で結ばれた公園に立つ富士塚です 池辺の富士塚は遊歩道や公園とは繋がってなく 焼却炉の煙突を見渡す 広い畑の中に屹立してます 頂上には江戸時代…

高尾山 初詣

高尾山に初詣にきました まだまだ初詣客は多く ダークスーツにネクタイ、コートという姿を多数 見かけます 早速 稲荷山コースへ 旭稲荷に初詣 登り始めに普通のシモバシラがありましたので 高尾山のシモバシラ期待しましたがダメでした それでも 頂上からは…

大熊町 川向町の庚申塔

大熊川沿いの大熊町 川の近くに庚申塔(1番) 祠の中に鎮座してました 祠には草鞋が 青面金剛像:元文5年(1740年)造立 しばらく行くと地蔵堂があります 庚申塔(2番)は地蔵菩薩の横に目立たないように祀られてました 主尊は地蔵菩薩です 天和4年(1684年…

荏田の地蔵菩薩 庚申塔

元日以来 都筑の石像,石碑,特に庚申塔巡りをしてます 荏田にも勿論あります はじめに 矢羽根不動尊 狭くて急な階段を登って行くと 正面に本堂 右手の祠に 地蔵菩薩と庚申塔(6番) 青面金剛像:寛延3年(1750年) 地蔵菩薩:亭保2年(1717年)造立 本堂は不…

カモに縄張り 都筑の杜

大原みねみち公園 や茅ヶ崎公園 ではカルガモが溢れています せせらぎ公園もカルガモです ところが都筑中央公園はキンクロハジロに占領されています 徳生公園では乾燥のせいかオナガガモの縄張りの水路が干上がってしまい 別のとこに群れていて,干上がった…

小仏川 裏高尾の清流

小仏川 裏高尾を流れる清流です 今でこそ ハイカーやランナーが訪れる 鄙びた里山を流れる清流ですが かつては 多くの旅人が行き交う 甲州街道沿いを流れる清流でした もちろん関所もありました(今は小仏関所跡に) 2月半ばを過ぎると岸辺には梅が匂い立ち …

都筑の石像,庚申塔 馬頭観音 茅ヶ崎 牛久保

都筑には地蔵尊、道祖神、庚申塚など石像や石碑が沢山あります 茅ヶ崎の庚申堂です。 お地蔵さまと庚申塔2体(10番)青面金剛像が祀られています 中央:明和元年(1764)右:安永7年(1757) 庚申堂 すぐそばには水神塔がひっそりと 水神塔 すぐそばの庚申塚…

年末の高尾山

暖かな師走 枯れ葉の積もる登山道 妙音谷から高尾山へ 高尾病院の急坂を登り 駐車場から登山道へ 中里介山妙音谷草庵跡を右手に臨み 落ち着いて ゆったりと 一歩一歩する中に びわ滝コースに合流 ジグザグの岩の尾根道を右に曲がったり 左に曲がったり 長い …

富士山から南アルプスまで 高尾山

晴れ渡った 穏やかな高尾山 人出も少なく ゆっくりできます 6号路からもみじ台へ行くと 富士山がくっきり シモバシラが無いことを見て 高尾山に戻ると 富士山がくっきり 右手を見ると近くの山の後ろに 白銀の峰々 南アルプス 塩見岳から間ノ岳までの稜線が…

クリスマスイルミネーション TDL

東京ディズニーランドは40周年とクリスマスのイベントが重なりキラキラしてます ワールドバザール入口には40周年のシンデレラ城とティンカーベルが輝いています 奥の方にはクリスマスツリーも見えます 歩いて行くと交差点に 40周年のロゴのついたクリスマス…

薬王院 新年の準備 納札供養柴燈大護摩供

肌寒い12月 薬王院では新年の準備 参道の掃除も進んでます 今日も稲荷山コース 山頂から丹沢は目の前ですが 富士山は雲の中 もみじ台からも富士山は雲の中 四天王門はもう新年仕様 参道の祠も 新年仕様 浄心門も新年に向けて 祈祷殿では納札供養柴燈大護摩供…