猛暑の丹沢 大倉尾根

大倉尾根と言えば麓から塔ノ岳まで標高差1200mをひたすら階段を登る印象ですが

所々 平らなところがあります

木陰の道 森林浴気分を味わえます

雑事場ノ平や

f:id:Seizan1959Ys:20220630163153j:image

駒止茶屋の下や堀山

f:id:Seizan1959Ys:20220630163219j:image

堀山の家 土日営業ですかね

f:id:Seizan1959Ys:20220630163231j:image

きつい階段を登って

青空の向こうに花立山

登り着くと

富士山が見えました

f:id:Seizan1959Ys:20220630163245j:image

花立に着くと

鬼が岩から蛭が岳 檜洞丸 遠くにに大室山まで見渡せます

f:id:Seizan1959Ys:20220630163310j:imagef:id:Seizan1959Ys:20220701092426j:image

馬の背にくればもう登り終えた感じ

ゆとりができ 辺りの緑に癒やされます

f:id:Seizan1959Ys:20220630163326j:image

塔ノ岳に着いたときには雲がでてきて

f:id:Seizan1959Ys:20220630163344j:image

富士山は何処に行ったか

f:id:Seizan1959Ys:20220630163353j:image

下山の木道

木道の先に見える明るい場所に 胸を馳せる

f:id:Seizan1959Ys:20220630163407j:image

大倉尾根は花盛り

大倉尾根 標高290mビジターセンターから1490.9m塔ノ岳までひたすら階段を登るコース

眼を楽しませてくれるのが登山道の両側,足元に咲く満開のウツギ

小さい木から大きな木まで花盛りです

f:id:Seizan1959Ys:20220630163500j:imagef:id:Seizan1959Ys:20220630163518j:imagef:id:Seizan1959Ys:20220630163542j:image

下りは余裕で景色を楽しめます

こんなにもウツギだらけだったのか

足元にはウツギに混ざって野バラも満開です

f:id:Seizan1959Ys:20220630163552j:imagef:id:Seizan1959Ys:20220630163602j:imagef:id:Seizan1959Ys:20220630163611j:image

可憐な白い花に混ざって

標高の低いところでは

小さなシモツケも咲いてます

f:id:Seizan1959Ys:20220630163619j:image

 

猛暑の中でも やっぱり高尾山

連日 猛暑の八王子

高尾山も猛暑

時折吹く風が涼を運んでくれるだけ

暑い中

汗を流して山頂に着くと

晴れ渡った空

汗も暑いも忘れられます

富士山は雲の中

f:id:Seizan1959Ys:20220628123541j:image

帰りは

涼を求めて日陰の4号路

でも

涼しいのは吊り橋の谷から吹き上げる風だけ

f:id:Seizan1959Ys:20220628123551j:imagef:id:Seizan1959Ys:20220628123604j:image

暑い暑いと歩いて行くと

1号路

折り紙も先週と変わらず?少々くたびれた

f:id:Seizan1959Ys:20220628123616j:image

さて

汗をかいたあとは高尾の湯でさっぱりして

涼しそうなイタリアンや

f:id:Seizan1959Ys:20220628123625j:imagef:id:Seizan1959Ys:20220628123631j:image

コーヒーでくつろげば

猛暑を忘れる

f:id:Seizan1959Ys:20220628123736j:image

寛いで高尾山

f:id:Seizan1959Ys:20220628133627j:image

梅雨が明けて夏 夏に似合う海の歌

梅雨が明けると 

見渡せば

モコモコの綿雲

眼を落とせば

まぶしい海 

 

足裏に滲みる 熱い砂浜

 

夏は歌も海の歌

 

海の歌でお気に入りは

五輪真弓の海

中島みゆきの海よ

石川せりの八月の濡れた砂

 

さて

夏の初めのきれいな海に似合うのは

五輪真弓の 海

七、八月の盛夏と言えば

中島みゆきの 海よ

夏が終わり かったるい頃に似あうのは

石川セリの 八月の濡れた砂

 

夏はもうすぐそこ

ときめく

梅雨 都筑の杜

ムシムシのこの頃

都筑の杜では

この季節ならではの風景が

せせらぎ公園の睡蓮の池

赤と白との睡蓮が池面を埋めるほど

いつでも睡蓮が楽しめます

f:id:Seizan1959Ys:20220623135621j:imagef:id:Seizan1959Ys:20220623135640j:image

整備の終わった古民家も森の中にひっそりと佇んでいます

f:id:Seizan1959Ys:20220623135631j:image

遊歩道を行くと何処にでもちょっと趣の出てきた

森の四阿に出会います

f:id:Seizan1959Ys:20220623135652j:image

プールもまだ静か

f:id:Seizan1959Ys:20220623135702j:image

そして、あちらでも、こちらでもカルガモの雛に出会います

山崎公園横の雛

f:id:Seizan1959Ys:20220623135710j:image

徳生公園、せせらぎ公園にもまだ幾組もの親子を見かけます

まだ、梅雨最中です

高尾山も梅雨 アジサイの季節

蒸し暑い

曇り空の高尾山 

泥まみれは 稲荷山コース

木道は しあわせの道

泥道は しわくちゃの路

グチャグチャグチャグチャ 

トントントントン

グチャグチャグチャグチャ 

トントントントン

気持ち良く

足を鳴らして 山頂へ

 

折り紙舞台も

梅雨舞台 

カエルの上に

水芭蕉の上に

アジサイが 咲き誇る

f:id:Seizan1959Ys:20220621120518j:image

麓でも アジサイが 咲き誇る

f:id:Seizan1959Ys:20220621123727j:image

599Cafeでも アジサイが 咲きほこる

f:id:Seizan1959Ys:20220621133248j:image

シャワーを浴び

エスプレッソをなめて

気持ち良くオムスパゲッティ

f:id:Seizan1959Ys:20220621124646j:image

in Mt.TAKAO BASE CAMP